最近のトラックバック

最近のコメント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 平成20年11月号 号外 | トップページ | 平成20年12月号 号外 »

2011年3月 4日 (金)

平成20年12月号

十一月の陰陽會の祭典及び行事

十一月三日 明治祭 執行

23211_002_2

十一月二十三日 新嘗祭 斎行

23217_005

十一月二十三日 日本復興祈願祭 執行

十二月の陰陽會の祭典及び行事予定

十二月二三日   天皇御誕辰奉祝祭・天長祭

十二月二四日   大正天皇多摩陵遥拝式

十二月三一日   師走大祓式・除夜祭

天長節・天長祭(天皇誕生日)

天皇陛下の御誕生日に長久繁栄をお祈りする祭祀です。敬神崇祖の根本精神と伝統に基づいて継続されているものです。

一九五〇年十二月、馬術競技を行なう明仁親王殿下。

馬の名は「白雪」号(写真)

今上陛下は、昭和八年十二月二三日昭和天皇と良子皇后(香淳皇后)の第一皇男子として、宮城(現・皇居)内の産殿にて御誕生なさいました。

名、明仁・幼名、継宮・お印、榮

昭和二三年十一月十日、明仁親王が皇太子である事を内外に宣命する「立太子の礼」と「成年式」が行われました。

昭和三三年十一月、皇室会議で皇太子妃に正田美智子さんが正式に内定、翌年一月、「納采の儀」を経て、四月十日、「結婚の儀」が行われました。

昭和六四年一月七日、十二指腸乳頭周囲腫瘍により、昭和天皇崩御(享年八七)。皇太子明仁親王はただちに践祚し、第一二五代の皇位につかれました。翌日、元号を平成に改め、翌年平成二年十一月一二日に「即位の礼」が、同月二二・二三日に「大嘗祭」が行われました。

« 平成20年11月号 号外 | トップページ | 平成20年12月号 号外 »

桔梗だより」カテゴリの記事