最近のトラックバック

最近のコメント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 平成20年3月号 | トップページ | 平成20年5月号 »

2011年3月 4日 (金)

平成20年4月号

三月の陰陽會の祭典および行事

三月二十日   春季皇靈祭 執行

四月の陰陽會の祭典及び行事予定

四月三日     神武天皇遥拝式 執行

四月二十九日    昭和祭 執行

春・秋の彼岸

彼岸といえば先祖祭、墓参り。仏教色をともなって説明されることも多いのですが、インドや中国にはない日本だけの行事です。大和言葉で、春・夏・秋・冬のうち、冬(ふゆ)という言葉が最も新しく、古今集の時代でも「冬の歌」とされるものは僅かで、しかも雪と梅が同時に詠まれたりするような歌が多くみられます。これは冬という季節の分類の観念が新しいものだからだろうと池田弥三郎氏が述べています。
秋の稔りを祝う新嘗祭は旧暦十一月で四季の冬に当り、新穀を神に捧げてのち、神から戴く来年のいのちのようなものが「みたまのふゆ」といわれ恩頼と書いてそう読ませます。「みたまのふゆ」は秋から春を迎えるために必要なものだったのですが、これが冬の語源だという説もあります。それはともかく、夏(なつ)という言葉も次に新しく、はるか古代には、春と秋、という二つが交互にやってくるという観念があります。そして二つの替わり目の行事が、盆と正月です。そして春と秋のそれぞれの中の中心となる行事があります。現代の神社の祭礼で春祭りと秋祭りを重視するのはそれを伝えているのでしょう。
あるいは春分・秋分のころに、自然を尊び、祖霊に感謝することが行なわれ、それが仏教の知識と習合して彼岸の行事になりました。自然を尊ぶとは、太陽を中心とした自然の恵みに対してであり、日を拝むことから、日拝みヒヲガミヒガンという語源説まであります(日に願をかけるというのもある)。ともかく、太陽が真東から昇り真西に沈むころに、日に向かって拝む行事がさまざまあったということです。昭和二三年の「国民の祝日に関する法律」では、
 春分の日は「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」、
 秋分の日は「祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶ日」
と規定されています。しかし現在では「自然をたたえ、生物をいつくしむ日」であるという意識はかなり薄れてしまって、先祖祭一色になっているようなところがありますけれども六十年近く前のころは、そうではなかったのでしょう。五、六十年単位でも人々の意識はこの程度には変ってしまうものなのです。この法律では、春分の日と秋分の日の趣旨が好対照に説かれていますが、当時はそのような傾向があったのかもしれません。しかし自然を讃え、祖先を敬うことは、春秋共通のことであったらしいのです。

« 平成20年3月号 | トップページ | 平成20年5月号 »

桔梗だより」カテゴリの記事