最近のトラックバック

最近のコメント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 平成21年11月号 | トップページ | 平成22年1月号 »

2011年5月10日 (火)

平成21年12月号

十一月の陰陽會の祭典および行事

十一月三日   明治祭を斎行致しました。

十一月廿三日  新嘗祭・日本景気復興祈願祭を斎行致しました。

     

十二月の陰陽會の祭典及び行事予定

十二月廿三日  天皇御誕辰奉祝祭・天長祭

十二月廿四日  大正天皇多摩陵遥拝式

十二月卅一日  師走大祓式・除夜祭

高橋天山画伯が田母神俊雄前航空幕僚長に肖像画を贈呈されました

田母神閣下が昨年十一月に航空幕僚長を更迭されて以来、丁度一年が過ぎましたが、この間、閣下の講演会は毎月二十回以上を上回る回数で開催されています。

日本国内のみならず、来年三月にはニューヨークにて次期大統領候補(共和党)とも言われるマイク・ハッカビー氏と特別対談を行われる予定で、アメリカ五大ネットワークのFOXTVに出演される予定だとか。

日本に於いては現時点でも既に来年の十月までスケジュールが一杯と言う事でした。

今まで日本国民にとって、自衛隊の存在はなかなか大手マスメディアでは報道されることがなく、事故があれば悪者にされるぐらいでしたが、田母神閣下の講演会によって多くの人が、自衛隊の真の活躍、陰の功労者であることを正しく知る機会が得られたのではないかと思います。

また閣下は更迭劇の引き金となった『田母神論文』に書かれた正しい日本の近現代史、例えば日本人居留民が支那に於いて支那人によって残忍極まりない方法で虐殺された通州事件、コミンテルンによる張作霖爆殺事件、捏造された南京大虐殺や従軍慰安婦問題、国際法上罪にはなり得ないA級戦犯について、また日本が植民地化されて奴隷状態だったアジアをいかに開放へ導いたかなど、一方的に日本人を悪者にしてきた多くの捏造された史実をつまびらかにし、我が日本人がいかに誇り高い民族であるかを日本各地で講演して下さっています。

当会では田母神閣下が更迭されて以来、閣下を熱烈に支持し、応援して参りました。

     

高橋画伯も閣下の講演会に行かれ、国を思う閣下のお話とお人柄に感銘を受けられ、この度、田母神閣下の肖像画を画かれました。そこで陰陽會としては、肖像画の裏面に方除守護符を入れることで閣下に降りかかる禍を避け、御守護するよう呪をかけ、更に弾除けとして、翡翠の勾玉をお頒かち申し上げました。

これからも、益々ご活躍されることを心よりご祈念申し上げます。

1128守るぞ日本!国民大行動 第三弾!

十一月二十八日、渋谷ハチ公前で行われた「日本解体阻止!外国人地方参政権絶対阻止!守るぞ日本!国民大行動第三弾!全都総決起街宣大演説会と山手線全駅前街宣活動」に参加して参りました。

当日は主催者発表によると二千名による、国民大行動となりました。

残念ながら、マスコミ各社は相変わらずの無視を決め込み、何もなかったかのように装っていますが、昼の十二時から夜七時までに及ぶ、街宣活動が展開されました。

登壇されたのは次の方々です。

西村眞悟(前衆議院議員)、赤池誠章(前衆議院議員)、馬渡龍治(前衆議院議員)、小田村四郎(元拓殖大学総長)、加瀬英明(外交評論家)、藤岡信勝(拓殖大学教授)、田母神俊雄(前航空幕僚長)、小林正(教育評論家)、阿羅健一(近現代史研究家)、西岡力(「救う会」会長代行・東京基督教大学教授)、三輪和雄(日本世論の会会長・正論の会代表)、藤井厳喜(国際問題アナリスト)、西村幸祐(評論家・ジャーナリスト)、石平(評論家)、井上和彦(ジャーナリスト)、三橋貴明(経済評論家・作家)、松浦芳子(草莽全国地方議員の会代表・

杉並区

議会議員)、土屋敬之(東京都議会議員)、伊藤玲子(元

鎌倉市

議会議員)、柚原正敬(日本李登輝友の会常務理事)、永山英樹(台湾研究フォーラム会長)、村田春樹(外国人参政権に反対する市民の会東京代表)、平田文昭(アジア太平洋人権協議会代表)、岡本明子(フリーライター) ほか 地方議員多数。

当会は「非理法権天」の幟旗を翻し、渋谷の街宣及び新橋駅前・東京駅八重洲でビラ配りを行いました。

« 平成21年11月号 | トップページ | 平成22年1月号 »

桔梗だより」カテゴリの記事