最近のトラックバック

最近のコメント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2011年5月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年6月

2011年6月17日 (金)

難局打開の秋(とき)来る  日本国民としての自覚

我が国は戦後、GHQにより民主主義の名の下に、自由主義或いは個人主義がもたらされた。国利民福の精神が強く人々の心を支配してゐた間は、個人の積極的な経済活動は著しく国富の増進に寄与してゐた。

ところがその後、自由主義・個人主義なる思想の普及と共に、経済活動に於いて利己主義が公然と正当化されるようになった。この傾向は経済活動に留まらず、左翼思想と一体となって政治、道徳、教育その他百般の文化に影響を与え、國體破壊を以て理想的社会を実現し得ると考えると云う妄想を生ぜしめたのである。

元来、内閣総理大臣以下閣僚は二千六百有余年の歴史と文化を護り、後世に引き継ぐ責任と義務が課せられており、天皇陛下より陛下の赤子(せきし)である国民の生命と財産をお預かりしてゐる身である、と云う事を忘れてはならない。

そして国会議員及び地方の首長並びに地方議員にあっても、その役割は陛下の赤子をお預かりしてゐると云う事であり、その責任は重大なものであることを自覚せねばならない。

また国民一人一人にあっては、有史以来の祖先から引き継がれてきた遺風と歴史を、後世に引き継ぐ責務があるのである。

しかしながら近年の国会議員をはじめ地方議員、官僚、国民も含めて、天皇陛下の臣民であると云う自覚が無い為に公を忘れて私心に囚われてゐる。

今般発災した東日本大震災によって、幾万もの尊い国民の命が奪われ、家族或いは家屋を失い、更に誤った政治判断の結果、福島第一原発の甚大なる事故を招き、多くの同胞(はらから)の生活を奪った。

本来であれば被曝を避けるべく、迅速なる非難を以て対処せねばならぬところ、無能無策なる政策の下、多くの福島県民の家屋、財産、生業、犬猫などの愛玩動物並びに馬、牛、豚などの家畜の避難すらままならなかった。

更に福島第一原発周辺に於ける地震、津波による犠牲者のご遺体の収容も為されておらず、それらは腐敗、白骨化しており、身元の判明もつかぬまま今も尚、放置されたままである。

更に被災地では十分な支援物資が届かなかったことによって餓死者が出るなど、凡そ平成の近代国家とは思えない状(さま)を呈してゐる。

今、我が国に於ける政府の機能は全く果たされてゐないのである。

ところが内閣総理大臣以下全閣僚、そして国会議員、地方議員更には国民にあっても、この異常事態に終止符を打とうとする者は誰もおらないのである。

さらに今、我が国は支那・朝鮮・露西亜の三国より領土は侵され、将に侵略されむとしており、有史以来未曽有の国難にあると云う自覚を多くの国民は全く理解しておらないのである。

我が国は有史以来、二六七一年の伝統文化を有する世界最古の皇室を戴く民族であると云う自覚の下に、今こそ一億国民は総決起して、この国難突破に全力で当たらねばならないのである。

明治維新以来、近代国家を進めてきた我が国ではあるが、それは我々の祖先が、支那、露西亜、米、英を相手取り、幾万もの英霊の血を流した結果が、今現在の日本の礎となっておることを決して忘れてはならないのである。

総理及び全閣僚は靖國神社に参拝し、我が国を防衛する為に進んで散華された英霊方のお蔭で今の日本がある事を感謝すべきなのである。ヘラヘラしてゐる場合ではない。

そして内閣総理大臣は、祖先から受け継がれてきた国土、伝統文化、天皇陛下の赤子である国民を護る重大な責任があるのである。

更には大震災で犠牲になられた多くの国民の無念と地震、津波によって引き起こされた原発事故を乗り越えて、日本の未来に向けて勇気をもって進んでいく責任があるのである。

単に原発を廃止或いは推進すると云う論ではない。今般の事故を引き起こしたあらゆる原因を徹底的に究明することなく、次なるエネルギー政策と称して再生可能エネルギーを開発しようとも、所詮何らかの欠陥が生じ、別の問題が浮上してくることは明らかである。

しかしながら震災発災後、三か月を経た今でも、被災地の復興の目途も立たず、瓦礫の処理さえ滞っており、避難住民に十分な義捐金が届かない為、避難場所から出られず仮設住宅に入ることも出来ずにゐるのである。

国民は今の菅内閣を一体いつまで放置しておくのか。

このような無能極まる内閣の存在を許してゐる国民もまた同罪である。

内閣総理大臣は不祥事、天災が起きた時、自らの政(まつりごと)に誤りがあった事によって引き起こされたことであり、天皇陛下に対して申し訳が立たないと共に国民に対しても済まぬと云う自覚を持つべきである。

そして速やかに責任をとって職を辞すべきなのである。

また同様に国会議員全員にあっても、自らが至らないばかりに起きた事であると云う自覚を持つべきである。

議員は党利党略で政を行う事を即刻止めよ。

党利党略がある限り、国難突破は成されないのである。

議員が政に重大な責任を持つと同様に、国民もまた議員を選出する時には、真剣に選ぶ責任があるのである。

議員たちは先人たちの遺業に恥じることの無いよう自らの職責を全うせしめ、国民に範を示し、政に当たらねばならないのである。

国民は自らが選んだ議員が一体何をしてゐるのかを、よく監視すべきである。

そして国民もまた先人たちに恥じることの無きよう、自らの生業に励むべきなのである。

初代神武天皇より歴代天皇は、国民を元元(おほみたから・大御宝)と慈しまれて、常に民安かれ、国安かれと祈ってこられた。

国民は天皇を親のように慕い、天皇と国民は親子のような家族的な感情で結ばれ、日本国民は一大家族のような関係を築いてきたのである。

国民の身の上を案ずるのは天皇の職務であり、本来総理大臣以下閣僚は天皇を補佐して政を統括する役職である筈だ。

内閣総理大臣以下全閣僚、国会議員、地方議員は、天皇陛下及び皇祖皇宗そして国民に対して、今の国難を招いたことに申し訳が立たぬと云う自覚を持つべきである。

そしてあくまでも陛下の臣下の者として、国益の追求と国民を護るべく職務に当たるべきである。

その自覚が無いことによって公を忘れ、私心に走り、党利党略に明け暮れ、己の保身にのみ邁進しておるのである。

顧みれば我が国は万国広しと雖も、世界に比類なき使命国である。

使命とは即ち天から来るものであり、故に天に属さざる者は使命を有する事は無い。同時に使命無き民、使命無き国は亡民、亡国である。

世の中には人であれ国であれ畏れ無きままに、恰も自らに使命があるかの如きを口にする事があるが慎むべきことである。

使命国とは精神、教育、文化、政治、経済、凡てに於いて世界を牽引する使命を持った国であると云う事である。

しかしながら我が国は、戦後レジームの中でこの使命を放棄し、経済活動のみに邁進し、そのえげつなさを享受し続けたのである。

今こそ、戦後レジームの総括の秋(とき)である。

我が国本来の使命に立ち返り、凡てに於いて世界に貢献し、世界人類に範を示す責務があるのである。

一億国民もこの内外の未曽有の国難に断固立ち向かい、日本国民としての使命を自覚せねばならぬ秋が来たのである。

今般の災禍が起きた事は、偏に私の不徳の致すところであり、私の責任であること大なり。

私が至らぬばかりに支那・朝鮮の傀儡政党である民主党による政権交代が起き、鳩山・菅内閣が成立したことで未曽有の天譴災異を招き、一億国民同胞(はらから)に対して慙愧の念に耐えず、また支那・朝鮮・露西亜による我が国への領土侵略と云う有史以来の危機を迎えてゐることにあっては、皇祖皇宗と祖先に対し、この場を借りて深くお詫び申し上げる次第である。

嗚呼、この悲涙君知るや。

この国難を何としても突破せねば、皇祖皇宗に対しても国民に対しても、済まぬでは済まぬのである。

我々一億国民は三月十六日に渙発された、平成の玉音放送(平成の詔勅)によって、陛下の優渥なる大御心に応える様、万難を排し、この難局を打開せねばならないのである。

私はその自覚を新たにし、皇祖皇宗並びに有史以来の祖先に対して、国難突破に全力で当たる事をお誓い申し上げる次第である。

                                       陰陽頭 舊事希軍

2671年3月16日 東北地方太平洋沖地震発災を受けての天皇陛下の詔勅(全文)

009

紀元2671年3月16日 東北地方太平洋沖地震発災を受けての天皇陛下の詔勅

Photo

この度の東北地方太平洋沖地震は、マグニチュード九・〇という例を見ない規模の巨大地震であり、被災地の悲惨な状況に深く心を痛めています。地震や津波による死者の数は日を追って増加し、犠牲者が何人になるのかも分かりません。一人でも多くの人の無事が確認されることを願っています。また、現在、原子力発電所の状況が予断を許さぬものであることを深く案じ、関係者の尽力により事態の更なる悪化が回避されることを切に願っています。

 現在、国を挙げての救援活動が進められていますが、厳しい寒さの中で、多くの人々が、食糧、飲料水、燃料などの不足により、極めて苦しい避難生活を余儀なくされています。その速やかな救済のために全力を挙げることにより、被災者の状況が少しでも好転し、人々の復興への希望につながっていくことを心から願わずにはいられません。そして、何にも増して、この大災害を生き抜き、被災者としての自らを励ましつつ、これからの日々を生きようとしている人々の雄々しさに深く胸を打たれています。

自衛隊、警察、消防、海上保安庁を始めとする国や地方自治体の人々、諸外国から救援のために来日した人々、国内のさまざまな救援組織に属する人々が、余震の続く危険な状況の中で、日夜救援活動を進めている努力に感謝し、その労を深くねぎらいたく思います。

 今回、世界各国の元首から相次いでお見舞いの電報が届き、その多くに各国国民の気持ちが被災者とともにあるとの言葉が添えられていました。これを被災地の人々にお伝えします。

 海外においては、この深い悲しみの中で、日本人が、取り乱すことなく助け合い、秩序ある対応を示していることに触れた論調も多いと聞いています。これからも皆が相携え、いたわり合って、この不幸な時期を乗り越えることを衷心より願っています。

 被災者のこれからの苦難の日々を、私たち皆が、さまざまな形で少しでも多く分かち合っていくことが大切であろうと思います。被災した人々が決して希望を捨てることなく、身体(からだ)を大切に明日からの日々を生き抜いてくれるよう、また、国民一人びとりが、被災した各地域の上にこれからも長く心を寄せ、被災者とともにそれぞれの地域の復興の道のりを見守り続けていくことを心より願っています。

2011年6月16日 (木)

平成23年6月号

五月の陰陽會の祭典および行事

五月五日 端午祭

2355  端午祭を斎行致しました

六月の陰陽會の祭典及び行事予定

六月六日   疫病封じ祈願祭

六月卅日   夏越大祓祭

内閣不信任案提出秒読み段階

この桔梗便りが皆様のお手元に届く頃には、菅内閣は野党自民党と公明党により内閣不信任案が提出されており、与野党の多数で可決され、菅内閣は退陣か解散かのいずれかが為される運びとなっている予定です。

しかしながら万が一にも菅陣営の説得により、反菅陣営が不信任案への否決へ動くようなことがあれば、退陣は難しくなります。

菅内閣に対する不信任案提出に関しては、震災の混乱期に政局争いするべきでないと言う意見もあるようですが、三・一一東日本大震災発災以来、菅政権の無為・無策によって、どれほどの国益が損なわれ、尚且つ被災者の方々の労苦と被災地復興の目途が未だに立たない、先行き真っ暗の現状を鑑みれば、明らかに菅政権の存在そのものが日本の復興の妨げであることは明らかであります。

菅総理は大震災発災直後に自衛隊の災害派遣を要請しましたが、最終的には自衛隊の約半数もの十万人規模で派遣され、未だにご遺体の収集や瓦礫の撤去にあたっておられるそうですが、既に二か月以上もご遺体の捜索を続けることや単なる瓦礫の撤去を行うと言う事にどれだけの精神的負荷がかかるかと言う事を全く理解しているとは思えません。

003 桜井よしこ氏

四月二十八日、憲政記念館講堂で開催された新憲法制定議員同盟主催による『新しい憲法を制定する推進大会~「自立と共生」に向けて~』に於ける記念講演で、桜井よしこ氏は自衛隊について言及されました。

発災直後に現地入りした自衛隊員は、本来は自己完結型で食事も寝る場所もきちんと確保できているけれども、被災者の方々がまだ救援物資が乏しい状況で、毛布も少なく食事も冷たいものばかりを食べている様子を見て、自分たちだけが温かい食事やベッドなどを使用して寝ることは憚られるとして、缶詰の食事、寝袋を使用して冷たい地面に横になるなどして、被災者の人々と同じ境遇を分かち合ったことを話されました。

このような自衛官自らの被災者に寄せる温かい気持ちを無視し続け、単に便利な災害派遣要員であるかのような扱いを続ける菅内閣の人間としての品性を疑うばかりです。

また自衛隊に対していつまでも災害派遣を続けることで、明らかに国防上の損失を蒙っていることは明らかです。

福島第一原発の事故に関しては、菅内閣の震災発災直後からの初動体制がどのようなものであったのかが、徐々に検証され始めていますが、これもまた政府、東電、保安院、原子力安全委員会などがバラバラの体制で行われていたことが明らかになってきており、唯一現場の吉田所長のみが独自の判断で海水注入を続けていたなどということが二か月以上も経ってはっきりしてきました。けれども現場の吉田所長の判断が無ければ、今よりも更に原発事故が大規模な状況に陥っていた可能性が非常に高かったことも指摘されています。

そして忘れてはならないのは、被災地の多くの方が未だに不自由な避難所生活を余儀なくされている事です。

五百旗頭氏が議長を務める復興構想会議が五月二十九日発表した中間整理では、増税するともしないともはっきりしない内容で、そもそもこのような会議が必要なのかどうかも分からない。

復興構想会議で増税するかしないかなどと言う話し合いの前に、先ずは被災者の仮設住宅や原発事故による避難民の皆さんへの仮設住宅を一刻も早く建設することの方が重要ではないのでしょうか。

菅総理はお盆までには仮設住宅をすべて建設すると豪語しましたが、今の所それも口から出まかせだったことが分かってきました。

さらに福島原発事故の事故処理や福島県民に対する避難指示などのいい加減さは筆舌に尽くしがたいものです。

福島県に於いて地震、津波、原発事故の三重苦に陥った県民は、ご遺体の収集もままならず、白骨化したご遺体が放置されている状況だそうです。

H23511_011 西村慎吾氏

五月十一日に憲政記念館講堂にて開催された『日本復興の第一歩は菅民主党内閣打倒!国民行動&国民大集会』に於いて、前衆議院議員の西村真悟氏は次のように話されました。

菅内閣が「命・命」と空しく連呼しているのとは裏腹に、福島で警戒区域となった被災地では、木の枝にひっかかって白骨化した子供の骸、手首や指を切り落とされたり、顎が無理やりこじあけられたりした白骨化したご遺体が無数にあるとのことでした。

手首を切り落とされていたのは明らかに指輪や時計などの貴金属を奪った痕跡であろうし、顎がこじ開けられていたのは、金歯を抜いたり、探したりした痕跡であろうと言うことでした。
これは何人の仕業か!

会場は一斉に「支那人!」と叫びました。何とも痛ましい限りです。マスコミはこのようなことを一切報道しないので、多くの日本人はこの事実を知ることはほとんどありません。

放射能汚染に関する政府が出した様々な情報は、嘘も真実もごちゃまぜの出鱈目なものであり、結局のところ放射能汚染がどのように広がり、どのように終息しているのか、国民には全く理解不可能な状況に陥っています。

三・一一東日本大震災発災以降の菅政権の無能ぶりを見てきた国民は、今やはっきりと菅政権に不信任を投げつけています。

それに答えて、野党である自民党や保守議員が内閣不信任案を提出する運びとなりました。

しかしながら解散総選挙に持ち込んだとしても、次に自民党がまた公明党と連立を組むようなことになるならば、国民は自民党を永遠に見放すことになる事は必至です。一体、自民党は公明党を保守政党であるとみなしているのでしょうか。もしも自民党が公明党と連立を組むなどと言う愚行を再び犯そうものなら、自民党内の保守系議員は自民党を出て、民主党その他の保守系議員らと共に保守の新党を立ち上げるなどの政界再編を為さなければ、我が国が再び大きな局面を迎えることになる事は火を見るよりも明らかです。

目を覚ませ! 保守議員。

2011年6月 1日 (水)

今こそ自民党谷垣総裁は決断せよ!  平成23年6月1日

今週末の6月3日、自民党・公明党両党が政府に対して不信任案を提出する可能性が高くなって来ました。

谷垣総裁は優柔不断な態度を繰り返し、この一か月、不信任案を出すのか出さないのか、曖昧な態度を取り続けました。

しかしながら菅政権の震災対応は次々とほころびを見せ、最早菅政権が一日でも長く続けばそれだけ復興も後手後手になるとまで言われ、「真の復興は先ず菅政権打倒から」と言うスローガンで保守系の議員らを集めて決起集会まで開催された次第です。

ところで谷垣総裁が不信任案を提出するかどうかを思案している様を見て、公明党は業を煮やしてせっついている有様です。

公明党は単に与党に返り咲く為には民主党と連立を組んでも埒が明かないとさっさと見切りをつけ、前の友党の自民党に抱き着いてきたのでしょうけれども、谷垣総裁は此の期に及んで公明党に不信任案提出のハッパをかけられ、公明党との信頼関係を無くすことなどを恐れるなどとは、菅直人が首相に相応しくない以上に、谷垣氏が自民党の総裁であることの方がより一層相応しくないと言えます。

自民党の結党の理念「自主憲法」「自主国防」「自主外交」の三本の柱は、今や雲散霧消して、自民党が保守政党であるのかどうかすら分からない状況まで陥ってしまっています。

そもそも民主党への政権交代が起きた理由が、民主党と自民党の違いが国民にははっきりとは分からなかったからだと言う事を、今の自民党議員の方々は理解しているのでしょうか。

また民主党と同じく支那、南朝鮮に朝貢外交政策を採る公明党とまたぞろくっつこうとする自民党を国民が支持すると考えているのでしょうか。

菅政権打倒の為にとりあえず公明党と手を組むことは致し方ないとしても、その後の自民党の在り様をしっかりと国民に分かるように示すことがなく、また単純に数の論理なる政局で公明党と連立を組むようなことになれば、未来永劫自民党は真の日本国民から見放されることになるのは明らかです。

今、我が国が支那、朝鮮の属国になりかけていると言う国家存亡の危機意識を、どれだけの保守系の議員が理解しているのか甚だ心もとない限りですが、少なくともこのまま菅政権が続けば、支那、朝鮮の属国になる事は時間の問題です。

この崖っぷちの危機を何とか方向転換する為には、先ずは不信任案を提出し、

権力にしがみつく菅直人を首相の座から引きずり下ろすことしかありません。

その後は真の保守政権誕生に向けての準備を着々と進め、真の独立を果たしていくべく、政治家も国民も一丸となって、戦後66年間の反日左翼に支配され続けた空白の時間を取り戻していくことです。

日本復活の第一歩は、不信任案提出、そして菅直人に首相を辞めてもらう事からです。

その後の自民党が保守政党として出直すのか、それとも相変わらずリベラル左派でまとまろうとするのなら、その時は国を建て直す気概のある保守議員は、さっさと自民党に見切りをつけ、保守政党として新党を結党すべく立ち上がるしか、日本を護る事は出来ないと確信するものであります。

国民は見ています。

今こそ、自民党は決断する時であります。

« 2011年5月 | トップページ | 2011年11月 »