最近のトラックバック

最近のコメント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

2011年12月22日 (木)

招魂続魂祭

人が身罷ると、その御霊は一般的には常世の国あるいは黄泉の国のいずれかの幽世(かくりよ)に帰ります。

御霊が幽世(かくりよ)に帰ることを、神道では帰幽(きゆう)と言います。

けれども中にはこの世に未練が残っていたり、事故や突然死などであまりにも急に肉体が死を迎えてしまった為に、御霊が幽世に帰ることが出来ず、地上に留まり、長い年月彷徨い続けている場合があります。

御霊が不自然にこの世に留まり続けていることで、その御霊は生前、自分が関係していた場所や人々の間を彷徨うことになりますが、このことは生きている人々に様々な禍をもたらす結果となります。

招魂続魂(しょうこんしょくこん)とはこのような彷徨える御霊を本来帰るべき場所にお返しする陰陽道による祭典です。

彷徨える御霊を招魂し、この世での未練を断ち切らせ、あるいは自分の肉体が既にこの世には無いことを理解してもらい、幽世にお返しいたします。

帰幽されてから50年、100年、あるいはそれ以上経過していても、御霊を幽世にお返しすることが可能です。

尚、招魂続魂祭は帰幽後50日以上経た御霊に対しての祭祀です。

祭儀をご依頼いただく場合は、帰幽日のご確認並びに御霊の状況の鑑定の後、ご依頼ください。

祭祀料・・・5万円 (一柱)

基本的にご自宅にて祭典を執行致します。
(出張祭典の為、遠方の場合、別途交通費をいただく場合がございます。)

事情によりご自宅にて祭典の執行が不可能であり、
当会にご参拝いただいて祭典を執行する場合は、
ご神饌料として別途、5千円いただきます。


常世の国・黄泉の国

常世の国に帰れるのは罪、咎の無き御霊です。

黄泉の国へ帰れるのは罪、咎のある御霊、また死して50日以内に幽世に帰れなかった御霊です。

Cimg1177

枉事消除

枉事(まがごと)とは病気、事故、怪奇現象、金縛り、会社の倒産、災害など様々な禍によって自分を含め身内に不幸が起きたり、続いたりすることです。

枉事消除とはその枉津日(まがつひ)を祓い清め、消し除くようにご祈願することです。

授与品・・・御神札

初穂料・・・5千円

2011年12月21日 (水)

鹿算加持

鹿算加持(ろくさんかじ)とは陰陽道と古神道を融合させた当会独自の病気平癒祈願です。

鹿算加持の起源は定かではなく、武蔵国(むさしのくに)秩父郡(ちちぶこおり)長者村(ちょうじゃむら)、日本武(やまとたけ)神社の社家、守屋氏の旧記によれば、大和武尊が東夷征伐の際に、供奉の磐鹿(いはか)の弟の磐長(いはなが)がこの地に留まって、病人を呪(まじな)って助けられてから、日本武神社に伝わる祈祷法だと云うことです。

当会の鹿算加持は古神道と陰陽道を折衷した特殊方術です。

遠隔での祈願をご希望の場合は人形等をお送り致しますのでご依頼下さい。

 鹿算加持はあくまでも現代西洋医学を補うものであり、医師の処方による薬や手術を前向きにお受けになることが絶対条件の加持祈祷です。

 鹿算加持は近代医療の効果を上げ、病状を大幅に改善させることを祈願致します。

 また鹿算加持は病気に限らず怪我や障害等の場合もお受け頂けます。

 尚、鹿算加持の御祈祷をお受けになられた方は、病気平癒の後は立願を解かなければ神祇を欺いたとして鹿算返しの祟りがあるとされているので、必ず神恩報賽の御祈願をなさって下さい。

 また、ご病気や怪我が長引く場合、翌年以降も継続してお受けになられることも可能です。

 更に、一年の間に何度でもご祈祷をお受け頂くことも可能です。

 その際の初穂料は2万円で御札はお頒かち致しません。

 

初穂料・・・3万円

授与品・・・御札

病気と怪我の仕組み

鹿算加持による験(しるし)

Cimg1697

Cimg1693

Cimg1695_2

Cimg1696_2 

2011年12月18日 (日)

陰陽道による霊符

符呪とは陰陽道の呪文を書きつけた霊符呪術のことで、
現在神社などで頒布される「御札」や「御守」の原形です。

御札や御守は、現在では神社などでお頒かちされるものと思われていますが、
元々は陰陽道による呪術の一つでした。

また符呪と同様に道教由来の霊符もあります。

霊符は様々な作法を踏まえて書いた上、陰陽道による方術で呪(しゅ)をかけて調製します。

これらの符呪、霊符は目的別にそれぞれ用いられます。

家内の怪奇現象を鎮める為の霊符をはじめ、長寿、病気平癒、息災、開運、招福、良縁、子授け、破邪、敬愛など、実生活に関わる様々な霊符を調製しております。

【霊符の一例】 

001_2

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »