最近のトラックバック

最近のコメント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 忌明の祓い | トップページ | 新盆・新御霊祭 »

2012年3月11日 (日)

平成24年3月11日 東日本大震災発災一周年に寄せての声明

昨年の3月11日14時46分、我が国は未曾有の大震災を経験しました。

幾万もの国民の生命が一瞬にして奪われ
被災民の多くは、家族を失い、家を失い、そして生業を失ったのであります。

加えて、翌日若しくは翌々日には福島第一原発に於ける
電源消失に伴い、冷却機能が停止したことでの
圧力容器破損事故・放射能拡散へと悲劇は続きました。

その後の被災地での復興作業は、残念ながら無能なる民主党政権による
相次ぐ失策によって、或いは故意に全く進んでいません。

進むどころか、今も尚瓦礫の撤去も為されないまま放置され
その受け入れ先もまだ決まっていないのであります。

震災後一年で34万人もの国民が非難し続けており
その多くは、職に就く事も出来ずにいます。

そもそも此の大震災が発災した原因は
治世の乱れによるところ大であり、治世の乱れによって穢れが生じ
その穢れの具現化されたかたちが、天譴と言う大震災でありました。

コノ治世の乱れを生みだしたのは、私達日本人ひとりひとりであります。

「政権交代」「国民の生活第一」「子ども手当」・・・などに騙され
公を忘れ私に走ると言う多くの国民によって
民主党に政権を明け渡してしまったのですから
天の戒めである天譴を重く受け止めて、國體を護れとの
天と大地の声を真摯に受け止め多くの犠牲になられた方々の
魂の為にもこの日本を見事に立ち返らせ世界に輝く
神国日本の姿を取り戻していくべく
残された私達は、全身全霊で邁進して行かなければなりません。

また、甚大なる震災被害と原発事故との教訓を活かし
更なる技術革新を成し遂げて、日本の復古再生の道筋をつけて
未来の子子孫孫らに栄えある明るい日本を残していく必要があるのであります。

犠牲になられた御霊の安からむことを願って・・・。

« 忌明の祓い | トップページ | 新盆・新御霊祭 »

時局噺」カテゴリの記事