最近のトラックバック

最近のコメント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« Ⅲ.神葬祭後儀 (3)忌明の祓ひ・忌明後祓除の儀 | トップページ | Ⅲ.神葬祭後儀 (5)百日祭 »

2012年10月10日 (水)

Ⅲ.神葬祭後儀 (4)祖霊舎に合祀の儀(合祀祭)

4)祖霊舎に合祀の儀(合祀祭)

五十日祭終了後(百日祭もしくは一年祭の場合もあります)に忌明の祓ひを行い、その後仮祖霊舎に祀られていた霊璽を祖霊舎に合祀(ごうし)する祭儀です。

この祭儀は闇の夜に行われるのが本義です。

これ以降は霊祭(みたままつり)となります。

祖霊舎に合祀された故人の御霊は、これ以降は祖霊の一柱(ひとはしら)として代々の祖霊と共に祀られて、一家の守護神として折々の祭祀が鄭重(ていちょう)に奉仕され、追考の誠が捧げられます。

24513_012_2

「神葬祭の流れ」に戻る

« Ⅲ.神葬祭後儀 (3)忌明の祓ひ・忌明後祓除の儀 | トップページ | Ⅲ.神葬祭後儀 (5)百日祭 »

神葬祭と祖霊の祭祀」カテゴリの記事