最近のトラックバック

最近のコメント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 桔梗だより 平成24年10月号 | トップページ | 桔梗だより 平成24年12月号 »

2012年11月29日 (木)

桔梗だより 平成24年11月号

10月の陰陽會の祭典および行事

10月17日 神嘗祭遥拝式を斎行致しました。

10月20日 皇后陛下御誕辰祭を斎行致しました。

10月20日 恵比寿祭を斎行致しました。

10月27日 十三夜祭を斎行致しました。

11月の陰陽會の祭典及び行事予定

11月3日  明治祭

11月23日  新嘗祭・日本景気復興祈願祭

(今月は陰陽道に関わる記事はお休みです。)

本年、壬辰の年回りに芽吹いたもの

今年初めの桔梗だよりに、本年は壬辰の年回りであることを書きましたが、十カ月を振り返り、我が国の政局あるいは周辺諸国の我が国に対する動きに於いて、おおよそその通りの出来事が起きたと言えます。

壬辰の年とはどのような年回りなのかと云えば、壬(みずのえ)とは、陰陽が逆転する年、物事がひっくり返る年であり、辰(たつ)は新しいものが芽生える年であります。
但し、辰年と言う年周りは良いものも芽吹く年ですが
悪いものも芽吹く年ですから、注意が必要です。つまり、壬辰は物事が大きく動く年回りであります。
従って壬辰とは、昨年から続く問題のための任務や仕事がますます惹起し、世界を突き動かしていくようなことが起きるが、いかなる状況にも動揺せず、その負担に耐え、物事に処することで、その先に次につながる陽気、光が見えてくると云った年と言えます。
壬辰の年に起きた出来事。
1592年文禄元年の壬辰に文禄の役と云う豊臣秀吉による朝鮮出兵が為された年であります。因みに朝鮮側では壬辰の倭乱と云う呼称を使用しています。
前回の壬辰の時は、丁度60年前ですから昭和二十七年でありました。
昭和27年は壬辰の年でサンフランシスコ講和条約を調印し、昭和20年のミズーリ号艦上での屈辱の調印以来、6年8か月に及んだGHQによる占領統治が終了し独立を果たしましたが、国名が「大日本帝国」から「日本国」に変わりました。
壬辰の年には従来の社会仕組みを変える端緒が切られる年になると言えます。

この様な観点から、今年の壬辰と云う年を振り返ってみると。
3年前の政権交代以来、民主党は我が国の国益を失い続けました。
けれども三年間民主党に政権を任せた結果、当初は気付かなかった国民も、デフレによる経済の悪化、露西亜・支那・朝鮮などの近隣諸国による度重なる領土侵犯、日米同盟の空洞化、支那・朝鮮における反日暴動の激化などを目の当たりにして、さすがにこのままではまずいことになるのではないかと気付き始めたと云えます。
政権交代の時にマスコミ扇動による異常な熱気を以て民主党政権誕生に大歓声を送っていた大方の国民も、今では既にその熱気も失せ、逆に民主党を政権の座から引きずり下ろしたいという思いの方が強くなってきているようです。

先の9月に野田首相が新宿駅前で街宣活動を行った時、集まった民衆が「帰れ!」「人殺し!」などの怒号を浴びせるなど、凡そ一国の総理大臣に対する声援とは思えない状況になっていました。

しかしながら一度政権を盗った民主党は、国民の声を無視して、その甘い権力の座を絶対に離そうとはせず、あの手この手の詐欺的手法を用いて延命工作を展開し続けています。

民主党が政権の座にある間に、その背後にある在日朝鮮人らによる組織、民団や朝鮮総連などの圧力で、日本人の保守勢力一掃を狙った「平成の大獄」になりかねない人権委員設置法案を、密かに閣議決定したり、皇室解体の糸口となる「女性宮家推進」など売国法案を可決しようとする動きが見え隠れしています。
このような亡国の危機の中、政治の世界に於いては次々と動きがありました。

大きな動きとしては大阪の橋下市長率いる大坂維新の会が国政に参加すると表明しましたが、橋下市長はポピュリズムによってその言動は左右にブレながら、常にヘゲモニー(覇権)を掌握することに腐心しています。

また4月には国民新党の亀井静香代表が党員に解任されると云う下剋上が起こりました。

その後、小沢一郎氏が民主、自民、公明の三党合意によって採択された消費税増税法案に反対して民主党に離党届を提出、衆議院議員37人、参議院議員12人、計49人を引き連れて民主党を離党し、7月には「国民の生活が第一」と云う政党を立ち上げました。

民主党から次々と離党者が出始めている最中、7月3日、ロシアのメドヴェージェフ首相が北方領土である国後島を訪問、その後8月10日に南朝鮮大統領李明博が竹島に上陸、更に8月14日には天皇陛下に対して謝罪要求するなどの不敬発言、続く終戦の日である8月15日には、香港活動家らによる尖閣上陸、その後民主党政府は立件する事も無く強制送還と云う、我が国の外交上極めて屈辱的と思われる対処を行いました。

そして最早自民党の再生は見込めないのかと諦めていたところ、9月末に行われた自民党総裁選に於いて、奇跡的に安倍元総理の総裁復帰と云う、快挙が成し遂げられました。

実は野田首相が新宿駅で聴衆に罵声を浴びせられた当日、その夕刻に行われた安倍晋三候補と応援演説を行った麻生元総理による自民党総裁選の街宣活動が秋葉原で行われました。そこに集まった五千人以上の若者達が、一斉に安倍応援大合唱を行い、自民党応援するぞ!の熱気に包まれたことを、大マスコミはほとんど報道していません。秋葉原に集結した若者たちは最後に「マスゴミは捏造報道をするな!」「もう騙されないぞ!」「売国奴!」と大絶叫し、連呼しました。日教組教育で反日左翼のイデオロギーを叩き込まれたはずの若者たちが、インターネットによって真実の国史を知った事で、今までマスコミや教師に騙されていたことに対して目覚め、立ち上がった瞬間であったと云えます。
そして此の度の総裁選に於ける安倍元総理の公約は、明らかに保守路線を明確にした内容であり、大いに保守本流としての自民党に寄り戻す意思を明確に打ち出したものでした。
また10月25日には石原都知事が都知事を辞職し、政界再編の起爆剤としての新党を立ち上げると云う決意をしました。
11月初旬にはそれまで自身が応援団として関わってきた「たちあがれ日本」を解党する形で、所謂「石原新党(現時点で党名不明)」を結党するとの意向を示しています。恐らくは相当の保守路線を打ち出し、政界再編に向けて動き出す事は明らかでしょう。

この様に政界に於いては壬辰の年らしく、悪しきものも良きものも、玉石混交で新たな勢力が芽吹き、来年に向けて大きなうねりとなってきています。

また我が国を取り巻く領土問題を孕んだ近隣諸国の動きも明らかに挑発行為に出てきており、外交上間違った判断を下せば、我が国の領土も危うい状況に陥る可能性も秘めています。

来年に向けて非常に気を許せない様々な思惑を秘めた動きが活発化していますが、解散総選挙と云う事態になれば、国民はマスコミ主導の風評に惑わされることなく、真に国益に適う政治家に一票を投じなければなりません。国民の側もしっかりと自覚して、政治家を見極める目を養わなければならないでしょう。

真に国益に適う政治家を選出し、彼らによって国益に適う政治を行ってもらう事で、戦後レジームから脱却を進めて、日本の誇りを取り戻した形での震災復興を一刻も早く成し遂げ、内需拡大によって世界に先駆けてデフレからの脱却をし、我々国民も一丸となって新秩序建設の為立ち上がる秋(とき)が来たのです。


« 桔梗だより 平成24年10月号 | トップページ | 桔梗だより 平成24年12月号 »

桔梗だより」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1433408/48018047

この記事へのトラックバック一覧です: 桔梗だより 平成24年11月号:

« 桔梗だより 平成24年10月号 | トップページ | 桔梗だより 平成24年12月号 »