最近のトラックバック

最近のコメント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月15日 (火)

安倍総理による靖国参拝について  平成25年1月15日

天皇陛下のご親拝は昭和501121日を最後に途絶えており、また首相の参拝は昭和60815日から小泉首相が平成13813日に参拝するまで途絶え、その後も近隣諸国からの内政干渉により、首相参拝が困難な状況が現在まで続いています。

しかしながら現在に於いても、例大祭の勅使参向と内廷以外の皇族の参拝は行われています。

つまり陛下が勅使を差し向けると言う事は、ご親拝と同等の大御心と同じであると拝察するものであります。

ところで首相の靖国参拝が困難になったことのきっかけは、中曽根元首相による近隣諸国を慮る誤った配慮によるものです。

2512_001

ウィキペディアによると、次のように記されています。

・・・・・・

中曽根は1985年(昭和60年)815日以後は参拝をしていないが、これは訴訟を理由とするものではなく、翌1986年(昭和61年)の終戦記念日前日の814日の官房長官談話によれば、公式参拝が日本による戦争の惨禍を蒙った近隣諸国民の日本に対する不信を招くためとしている。中曽根は後に、自身の靖国参拝により中国共産党内の政争で胡耀邦総書記の進退に影響が出そうだという示唆があり、「胡耀邦さんと私とは非常に仲が良かった。」、「それで胡耀邦さんを守らなければいけないと思った。」と述べている

・・・・・・

第一次安倍内閣に於いて、安倍総理は靖国神社への参拝を曖昧にしたまま、ついに総理就任中参拝することなく、退陣に追い込まれてしまった事は痛恨の極みでありました。

そしてこの度、満を持して第二次安倍内閣が誕生し、早期の内に靖国参拝を期待する保守の声は止みません。

総理就任後直ちに参拝するべきとの考えがあることは理解できますが、安倍首相に近い方面から漏れ聞いたところによりますと「安倍首相が突発的に参拝をして英雄になるのは簡単であるが真の目的は、常に誰が首相になっても参拝できる状況を築き上げる、そして、最終的には天皇陛下にご親拝戴ける様に道筋を付けたい」との趣旨であるとの事であります。
つまり首相の靖国参拝は突発的に参拝する事は誰でも出来、またそうすることで英雄の如き扱いを受けるのでありますが、それでは真の解決には繋がりません。

今後、続くであろう後の総理そして天皇陛下におかせられましても、何の憂いも無くご親拝頂けることが最も肝要なことであり、その為に安倍総理なりに時期を見計らっているのであるとのことであります。

安倍内閣が組閣されて間もないにも拘らず、靖国参拝を持ち出して直ちに参拝しないことを以て安倍首相が腰砕けになったかのような論調を論ずるのは、敵の策に乗ずるものであります。

また逆を言えば、保守の振りをした工作員が、この旨を以て安倍批判を展開しているに過ぎないのであります。

真の保守であるならば、今後未来永劫靖国神社へ畏くも天皇陛下にご親拝戴くこと、また首相並びに全閣僚が正式参拝する道筋をつける事に協力し、実現していくことが最も重要であろうと考える次第です。

靖国神社へ参拝したかどうかが政治問題になる様な時代に終止符を打たなければなりません。

2013年1月11日 (金)

呪詛解除

呪詛解除

呪詛とは神仏や悪霊などに祈願して相手に禍が及ぶようにすることです。

呪詛とは、蠱毒(こどく・虫や動物などの怨念を使用した呪詛)による呪いをはじめ、
悪霊や悪鬼に祈願した呪い、
生霊(いきりょう・生きている人の妬み・恨み・怨念など)、
死霊(しりょう・身罷った人の恨みや怨念)による呪いを指します。

呪詛解除とはこれらの呪詛によって禍を被っている場合に、
鑑定の上、執り行う方術です。

しかしながらご本人が強い意志を持って生きていくことが、
困難な状況を乗り越えるために絶対に必要なことであることを、
予めしっかりと認識していただくことが重要です。
呪詛解除の方術を執り行うことで、
今まで身に降りかかっていた禍を祓うことは可能ですが、
他力本願で禍を取り除けば終わりと云う事ではありません。
今後、呪詛に限らず生霊や死霊、人の念に煩わされることなく生きて行く為には、
ご本人がこれらのネガティブな感情と共鳴しないように、
ポジティブな精神力で生きていく強い意志と行動力がなければ、
ずっと同じことを繰り返してしまいます。

呪詛解除の方術はご本人が呪詛に打ち勝つという強い意志があって、
はじめて成功するものであることをご承知おきください。

初穂料・・・5万円以上

※鑑定の上、呪詛の状況によっては初穂料が異なる場合があります。

2013年1月 1日 (火)

桔梗だより 平成25年1月号

12月の陰陽會の祭典および行事

1223日 天皇御誕辰奉祝祭

1224日 大正天皇多摩陵遥拝式執行

1231日 師走大祓式・除夜祭斎行

       

天長節祭

1月の陰陽會の祭典及び行事予定

11日 歳旦祭

13日 元始祭

17日 昭和天皇武蔵野陵遥拝式

年頭に当たり     陰陽頭 舊事希軍

新年明けましておめでとうございます。

年頭に当たり、先ずは聖寿の万歳をお祝い申し上げ、会員各位のご多幸を心より祈念致します。

昨年は七月三十日に明治天皇百年祭、また十一月三日には明治天皇御生誕百六十年祭、乃木神社に於いては九月十三日に御祭神乃木将軍御夫妻百年祭が斎行されるなど、江戸から明治へと一気に近代化を推し進めるにあたり、明治天皇と共に日本国民が一丸となって新しい時代を築いたことに思いを馳せる一年となりました。

更に政治の世界に於いても、九月には自民党総裁に保守路線を強めた安倍晋三氏が選出されました。そして三年三ケ月に亘る民主党政権によって、経済・外交・安全保障問題は大打撃を受け、国民は不安な毎日を送っていましたが、十一月十六日、突如野田前首相が解散を宣言したことで、十二月十六日の衆議院選挙に向けて、政局は大混乱に陥りました。

政権交代以来、民主党離党者は百二人にも上り、衆議院選挙までには離合集散を繰り返して最終的には十二もの政党が乱立すると云う前代未聞の事態になりました。

選挙結果は小選挙区に於いて自民党が圧勝すると云う結果になりましたが、得票数に於いては前回の衆院選から左程の伸びもなく、投票率は戦後最低であり、国民の政治に対する無関心が明らかとなりました。しかしながらマスコミを総動員して成し遂げた民主党への政権交代は三年三か月で終止符を打たれ、今回の結果は大惨敗であり、たとえ投票率が低いとは言え、民主党政権に対する国民の不信感は如実に結果に表れたと云えます。

そして十二月二十六日、安倍晋三自民党総裁が首班指名を受け、第二次安倍内閣が発足しました。安倍内閣では選挙公約にもある通り、先ずはデフレから脱却し、民主党政権下で疲弊し切った経済を活性化させることを第一目的に掲げています。更には一向に進まなかった東日本大震災の復興に全力を挙げるとしています。

さて、昨年の干支は辰であり、大きな変革をもたらす年でありまし今年は巳年であります。どの様な年になるのでしょうか。

我が国に於いて巳年に起きた歴史的な事件を幾つか挙げてみます。

源義経が壇ノ浦で平家を破り、平氏一門が滅亡したのが一一八五年の巳年でした。一九〇五年には世界を驚愕させた日本海海戦の大勝利で日露戦争が集結。一九四一年には真珠湾攻撃で大東亜戦争開戦。一九八九年には昭和天皇が崩御され、時代が昭和から平成へ。そして二〇〇一年から二十一世紀が始まりました。

支那の字典『正字通』には「巳(み)は終わりの已(い)なり。陽気既に極まり、回復するの形なり」とあります。巳の時は、一日の半ばになろうとする時刻であるところから、物事の盛りの頃を意味します。良きにつけ悪しきにつけ、物事や時代が一つのピークを迎えて終わりを告げ、新たなスタートを切るのが巳年と言えます。

今年は「日本を取り戻す」為に、戦後レジームからの脱却、つまりGHQによって押し付けられた占領憲法の改正を成し遂げる最後のチャンスかもしれません。

戦後利得者と云われる戦後レジームに立脚した人々によって支配されている我が国が、GHQ占領以前の自主独立した日本として復活する事が出来るかどうかは、偏に日本国民一人一人の気概と確固たる信念にかかっていると云えます。

政局に於いては今年七月に行われる参議院選挙に於いて、自民党が過半数の議席を獲得する事で、衆参のねじれが解消され、安倍総理が目指すところの「憲法改正」に向けて大きく動き出す事でしょう。それまでの半年間は、先ずはデフレ脱却によって経済復活を最優先とし、震災復興にも目途を立たせ、国民が落ち着いて憲法議論が出来る土壌を作ることが先決でしょう。

大手マスコミは安倍総理誕生以前から、徹底的な安倍批判を展開し、世論を「極端な右傾化」「軍靴の足音が聞こえる」などと揶揄して、安倍政権潰しを展開しています。しかしながらインターネットを利用できる方は、大手マスコミの異常な安倍叩きの印象操作、捏造報道、洗脳工作について、是非ともネット上で明らかにされているサイトなどをご覧になっていただきたいと思います。

これからはテレビ・ラジオ・新聞と云うメディアだけでなく、インターネットメディアも駆使して、一体何が事実なのかを十分理解しなければ、一方的な情報だけでは嘘を信じ込まされて、誤った判断を下しかねないことになるでしょう。

昨年に引き続き、我が国にとって今年は非常に大きな変化が起きることが予想されますが、どのような事態になろうとも、明浄正直の誠でいることが肝要です。

252

241223_005

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »