最近のトラックバック

最近のコメント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 桔梗だより 平成25年6月号 | トップページ | 戦後68年目  平成25年8月15日 »

2013年7月25日 (木)

桔梗だより 平成25年7月号

6月の陰陽會の祭典および行事

6月13日 疫病封じ祈願祭を執行しました。

25613_003 

6月30日 名越大祓祭を斎行致しました。

 

25630_007

25630_006

7月の陰陽會の祭典及び行事予定

7月22日   結婚感謝祭

伊勢の神宮の由来(一)

現在、伊勢の神宮の内宮は御神体として三種の神器の一つである八咫鏡が御奉斎されています。

三種の神器とは八咫鏡(やたのかがみ)・八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)・天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ・草薙剣)を指します。

Photo

八咫鏡の由来は、建速須佐之男命の傍若無人な振る舞いにお怒りになられた天照大神が天岩戸にお隠れになられ、高天原も葦原中国(あしはらのなかつくに)も暗闇になったと云う岩戸隠れの神話に遡ります。

Photo_2

八百万の神々が天の安河の川原に集まり、天照大神をどうにかして天岩戸からお出まし頂こうと相談しました。思兼神命(おもいかねのみこと)の発案により、先ず長鳴鳥(鶏)を集めて鳴かせました。

そして鍛冶師の天津麻羅(あまつまら)を探しだして、伊斯許理度売命(いしこりどめのみこと)に、天の安河の川上にある岩と鉱山の鉄とで、八咫鏡(やたのかがみ)を作らせました。更に玉祖命(たまのおやのみこと)に八尺の勾玉の五百箇のみすまるの珠(八尺瓊勾玉・やさかにのまがたま)を作らせました。

天児屋命(あめのこやねのみこと)と太玉命(ふとだまのみこと)を呼び、雄鹿の肩甲骨とははかの木で占い(太占・ふとまに)をさせました。

そして賢木(さかき・榊)を根ごと掘り起こし、枝に八尺瓊勾玉と八咫鏡と布帛(ふはく・五色の布)をかけ、太玉命が御幣(ごへい)として奉げ持ちました。天児屋命が祝詞)を奏上し、天手力雄命(あめのたぢからおのみこと)が岩戸の脇に隠れて立ちました。

天宇受賣命(あめのうずめのみこと)が岩戸の前に桶を伏せて踏み鳴らし、神憑りして神楽を舞いました。そこで高天原が鳴り轟くように八百万の神々が大笑いしたのです。

これを聞いた天照大神は訝(いぶか)しんで天岩戸の扉を少し開け、「自分が岩戸に篭って闇になっているのに、なぜ、天宇受賣命は楽しそうに舞い、八百万の神々は笑っているのか」と問いました。

天宇受賣命が「貴方様より貴い神が現れたので、喜んでいるのです」というと、天児屋命と太玉命が天照大神に鏡を差し出しました。鏡に写る御自分の姿をその貴い神だと思われた天照大神が、その姿をもっと良くご覧になろうと岩戸を更に開けると、隠れていた天手力雄命がその手を取って岩戸の外へ誘いました。

すぐに太玉命が注連縄を岩戸の入口に張り、「もうこれより中に入らないで下さい」と申し上げました。こうして天照大神が岩戸の外にお出ましになられ、高天原も葦原中国も明るくなったのです。

(次号に続く)

« 桔梗だより 平成25年6月号 | トップページ | 戦後68年目  平成25年8月15日 »

桔梗だより」カテゴリの記事