最近のトラックバック

最近のコメント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

« 樹木伐採奉告祭 | トップページ | 桔梗だより 平成25年11月号 »

2013年11月24日 (日)

新嘗祭の本義

1123日は戦後、勤労感謝の日とされ、

其の本義を知る人が少なくなってしまいました。

勤労感謝の日とは、元々は宮中祭祀の一つである新嘗祭の祭日でした。

 

しかし、新嘗祭とは一体如何なるものなのかを国民の多くは知りません。

 

大方の国民は新嘗祭=収穫感謝祭との理解をしているようですが、

実はもっと壮大な祭儀であることを理解して頂きたいと思います。

 

1123日、宮中をはじめ全国津々浦々の神社で新嘗祭が斎行されています。

 

天皇陛下は宮中でこの年の新穀を

皇祖神天照大神をはじめ天神地祇に献じて収穫を感謝され、

神々と共食する新嘗祭を御親祭されます。

 

新嘗祭は春の豊作を祈る祈年祭(としごいのまつり)に対応する

最も重要な祭儀です。

宮中祭祀の中でも古代から連綿と継承されてきた唯一の祭祀とされています。

 

斎庭(ゆにわ)の稲穂の神勅

「吾が高天原に所御す斎庭の穂を以て、亦吾が児に御せまつるべし」

 

Photo

古代から全国の稲米の作られる所では全て新穀のお祭りが行われてきました。

日本人は稲作の折目節目に神々をお祭りし、米作りを行ってきたのです。

一般にあっては其の神々に感謝する最も重要なお祭りが新嘗祭です。

 

7世紀の天武天皇の時代まで毎年の新嘗祭も大嘗祭と呼ばれるなどして

区別なく用いられていましたが、

天武二年(673)から、毎年の新嘗祭と区別して、

即位に伴う一代一度の大嘗祭のみを「大嘗祭・践祚大嘗祭」と呼ぶようになりました。

 

宮中では新嘗祭に先立ち、前日の22日夜、

鎮魂祭が綾綺(りょうき)殿にて執り行われます。

 

鎮魂祭(ちんこんさい、みたましずめのまつり)とは、

宮中で新嘗祭の前日に天皇の鎮魂を行う祭儀です。

鎮魂祭では天皇の「鎮魂・みたましずめ」「魂振・みたまふり」の秘儀が執り行われます。

 

鎮魂祭はかつては旧暦11月の2度目の寅の日に行われていました。

この日は太陽の活力が最も弱くなる冬至の時期であり、

また一年間、御稜威を垂れ給いた天皇の霊威は冬が近付くにつれて

冬の陽光の様に衰えてきます。

鎮魂祭は活力が衰える事で肉体から遊離しようとする魂を招き寄せ、

玉体深くに鎮めて、その霊威を復活させる秘儀です。

 

鎮魂祭は初代神武天皇の御時に

物部氏の祖、宇摩志麻治命(うましまじのみこと)が

十種神宝(とくさのかむだから)を以って、

天皇の鎮魂をしたのが始まりです。

 

この祭儀に天皇陛下のお出ましはありません。

この日は掌典職(しょうてんしょく 宮中祭祀を担当する部門)によって

綾綺殿(りょうきでん)に祭場を設けられ、

玉体の守護神である神々をお迎えして掌典長以下が祭儀を奉仕し、

ご神饌(しんせん・お供え)をお供えして鎮魂祭が執り行われます。

 

鎮魂祭は天皇の御玉緒(たまのお)に対する「鎮魂(みたましずめ)」と

御衣(おんぞ)に対する「魂振(みたまふり)」の秘儀が中心となっています。

 

「鎮魂」は玉体から遊離した天皇の御魂(みたま)を玉体に鎮め納める秘儀であり、

「魂振」は玉体に鎮め納められた御魂を振起して、

霊威を蘇らせ、復活させる秘儀であります。

 

鎮魂祭は大直日神(おおなおびのかみ)と

天皇守護の八神、神産日(かみむすびのかみ)・高御産日神(たかみむすびのかみ)・

玉積産日神(たまつめむすびのかみ)・生産日神(いくむすびのかみ)・

足産日神(たるむすびのかみ)・大宮売神(おおみやのめのかみ)・

御食津神(みけつかみ)・事代主神(ことしろぬしのかみ)をお奉りします。

 

鎮魂の儀では誓槽(うきふね)と呼ばれる箱を伏せ、

その上に女官が乗って桙(ほこ)で

槽の底を10回突く「誓槽の儀」が行われます。

これは神話岩戸の場面に於いて

天鈿女命(あめのうずめのみこと)が

槽に乗って舞ったという伝承に基づくとされています。

 

鎮魂の儀の後、柳筥(やないばこ)に納められた

天皇の御衣を左右に10回振る魂振の儀が行われます。

これは饒速日命(にぎはやひのみこと)が天津神より下された

十種神宝(とくさのかむだから)を用いた秘儀に由来します。

 

鎮魂祭は鎮魂と魂振によって

翌日の新嘗祭(又は大嘗祭)と云う重要な祭儀に臨まれるにあたり

天皇の霊威・活力を最高度に高める為に執り行わるという意味合いもあります。

 

新嘗祭は天皇が斎主(いわいぬし)となられて、

神嘉殿(しんかでん)にて御親祭になります。

 

神々にお供えする御神饌の主な物は

米と粟の御飯(おんいい・蒸し飯)・御粥(みかゆ・炊き飯)、

それに新米で醸した白酒(しろき)・黒酒(くろき)の御神酒です。

 

副食として、生魚四種・干魚四種・菓子(くだもの)四種・

その他汁着(しるづけ・煮付物)・熱羮(あつもの・吸い物)があります。

 

祭儀は庭燎(にわび)が燃える浄闇(じょうあん)の中、

「夕(よい)の儀」(悠紀殿の儀)(午後6時)と

「暁(あけ)の儀」(主基殿の儀)(午後11時)の

2回に亘って斎行されます。

 

天皇は采女(うねめ)二人の介添えによって全ての祭儀を行われます。

お一人で本殿に進まれ、神座と相対して御座に正座され、

「お手水」の後、ご神饌を神々へ共進されます。

これを「神善御親供(しんぜんごしんぐ)」と言います。

 

古代そのままに竹折箸を用いて

柏の葉で作られた葉椀(くぼて)の中の御神饌を葉盤(ひらて)に盛り

約二時間近くかけて神々へ供えられます。

 

天皇は此の後拝礼して「御告文(おつげぶみ)」を奏上され

新穀の豊穣を感謝し、皇室・国家・国民の繁栄を祈願されます。

 

その後、新嘗祭の眼目である「御直会(おなおらい)」が始まります。

これは天皇が神々と共食される祭儀で、

先ず三度拍手の後「オオ」と唱えられ、

すこぶるご低頭されて頂戴されます。

 

最初に御飯を三箸食され、

次に同様の作法をされて白酒四度、黒酒四度、

その度に杯を換えられます。

 

天皇はこの神人共食の祭儀によって神々の霊と一体化し、

天皇の霊威、活力が力強く蘇り、再生するのです。

 

天皇の霊威、活力が蘇ることで国家の再生が為されると云う事なのです。

従って単なる収穫感謝の意味合いではなく

国家の再生を目的とした祭儀であることを考えるべきであります。

 

全ての祭儀が斎了するのは24日の午前1時を過ぎた頃です。

参考文献

「日本神道入門」 日本文芸社

 ウィキペディア 

« 樹木伐採奉告祭 | トップページ | 桔梗だより 平成25年11月号 »

時局噺」カテゴリの記事