最近のトラックバック

最近のコメント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

授与品

2013年11月 8日 (金)

霊符

陰陽道の呪法で欠かせないのが霊符です。

霊符を屋敷内の各所に貼る事で、様々な霊的現象から屋敷を鎮め、護るものです。

また各種御祈願を補強する意味合いで、様々な霊符を用います。

当会の霊符は陰陽道の方術によって強大な呪力を封じた護符です。

当会でお頒かちする霊符の呪力は、天災から人災に至る迄あらゆる禍を退け、邪鬼を祓い、病魔を退散させたり、国家の運命すら左右させる験(しるし)があります。

屋敷内に貼ったり、所持するなどして御祭神のご加護を頂いて下さい。

 

ご依頼によって最も相応しい霊符を調製致します。

一年間所持された古い霊符は神社の古神札お納め所にお納めになり、新年には新しい霊符をお求め下さい。

霊符は、一体々々調製致しますので、1週間程度お時間を頂く場合がございますので予めご了承下さい。

 

初穂料1体・・・3千円 (サイズ…縦15㎝×横8㎝)

 

※ケースにより、初穂料が異なる場合がございます。

 

【霊符の一例】

病を鎮める・訴訟・鎮宅(屋敷内に起きる怪事を鎮める)・子授け・合格・破産を防ぐ・良縁・出世など多岐に亘る内容で調製いたします。

001

2010年11月15日 (月)

授与品

当会の授与品は全て、ご本人のポジティブな想念によってご祭神のご神徳が発揚されるものであり、ご本人の努力が無く、お持ちになるだけで、全てがよくなると言ったものでありません。予め御承知下さい。

授与品によっては日数を要するものがありますので予めご了承下さい。

御札

霊符

御守

案上奉斎セット 

神棚セット・恵比寿殿セット 神棚の祀り方 恵比寿殿の祀り方

 

壁掛け宮

 

地の神様(屋外社殿)セット

  

御富岐玉と四神札

 

神棚

出張祭典にて神棚の御奉斎も承ります。

陰陽會推奨神棚セット・・・7万円

Daijingu

清祓及び貴家のご繁栄をご祈祷の上、お頒かち致します。

セット内容
①屋根違い三社普及型(巾75cm×奥行28.5cm×高さ54cm)
②台付御神鏡
③小型金幣(本金鍍金)
④真榊(丸台)
⑤狛犬1対
⑥木彫り雲
⑦小型鳥居
⑧八足案(神棚用)
⑨平瓦1対・瓶子1対・水玉
⑩花台付榊立て
⑪ロウソク立て1対
⑫注連縄
⑬紙垂(4垂)

(注) 棚板、雲板は含まれておりませんので、各自で寸法に合わせてお取り付け下さい。
(注) 写真と実物が多少異なる場合がございますのでご了承下さい。

☆ 家庭用神殿のサイズは大きいものもございます。別途ご相談承ります。
☆ その他、神棚用品を個別に承りますのでご相談下さい。

陰陽會推奨恵比寿殿セット・・・6万円

清祓及び貴家のご繁栄をご祈祷の上、お頒かち致します。

Ebisuden

①恵比寿殿 (総巾36cm×奥行18cm×高さ33cm)
②一刀彫ニ福神(手彫り)
③木彫り雲
④台付御神鏡
⑤八足案(神棚用)
⑥平瓦1対・瓶子1対・水玉
⑦花台付榊立て1対
⑧ロウソク立て1対
⑨注連縄
⑩紙垂(8垂)

(注) 棚板、雲板は含まれておりませんので、各自で寸法に合わせてお取り付け下さい。
(注) 写真と実物が多少異なる場合がございますのでご了承下さい。

☆ 家庭用神殿のサイズは大きいものもございます。別途ご相談承ります。
☆ その他、神棚用品を個別に承りますのでご相談下さい。

御守

八方除御守・・・1500円 開運、厄除、災難消除の御守です。 

健 康 御 守・・・1000円 病中、病後、虚弱体質及び健康維持の御守です。

旅行安全御守・・・1000円 旅行や出張などの安全のための御守です。

学業成就合格祈願御守・・・1500円 成績向上と様々な試験合格の御守です。

縁結び恋愛成就御守・・・1500円 縁結びの御守です。(緑色と赤色があります)

就 職 御 守・・・1000円 転職や就職活動をスムーズにしたり職場での人間関係を改善するための御守です。

開 運 御 守・・・1000円 人生を明るく開いていく御守です。

子授け御守・・・1000円 子供を授かる御守です。

わらべ御守・・・1500円 13歳未満のお子様の安全を守る御守です。

交通安全御守・・・1000円 車の清祓をなさった方に、1台につき1体、お頒かちしています。御守のみでもお頒かちしています。

陰陽勾玉型翡翠ストラップ・・・1500円 翡翠は古代から神聖な石とされ、魔除けとして用いられてきました。翡翠を勾玉型にしたことで、太陽と月の力の恵みを受け、幸福を呼びます。

御札

御神札・・・1体 千円

神棚が三社の神棚の場合、左側に御奉斎下さい。御祭神三柱の御霊を分霊した御神札です。

Goshinsatu

方除守護符・・・1体 千円

神棚が三社の場合、右側に御奉斎下さい。
この護符にて四方を守護した空間は、先ず、全ての水脈、地場等の悪影響及び霊障等を招く悪しきエネルギー(穢れ)を清々しきエネルギーへと浄化し、後に外部からの悪しきエネルギー等の侵入を防ぐ、バリアー効果をもたらすものであります。

Houyokesyugofu

竈〆一式セット・・・一式7千円

年末にのみお頒かちする御札です。(神宮大麻他)

御富岐玉と四神札

御富岐玉(みふぎだま)は元来、宮中や神殿の四方に掲げ、鬼門を封じ結界を張ることで邪気を祓い、地場を整え、聖域にする為に用いられるものです。
四神(ししん)は東北を青龍、西南を白虎、東南を朱雀、西北を玄武が守護する神です。
当会の御神札、方除守護符と一緒に
御富岐玉と四神札を家内の四方掲げられる事で、より一層貴家をご守護申し上げることが出来ます。

御富岐玉を掲げられ、四神札をお貼りになる場所は、水周り、火の側、御手洗い(不浄の場所)を避けて下さい。
家内全体に掲げることが難しい場合は、ご家族が集われる場所一室に掲げて頂いても結構です。

ご自宅のみならず、店舗、会社等に掲げられることも大変宜しいと存じます。

Mihogidama    Shishin_seiryu_suzaku  Shishin_genbu_byakko  

東北・・・御富岐玉(青)と青龍
東南・・・御富岐玉(赤)と朱雀
西南・・・御富岐玉(白)と白虎
西北・・・御富岐玉(黄)と玄武

御富岐玉・四神札セット 初穂料・・・1万円

御富岐玉は一生お使い頂けます。
四神札は新年にお取替え下さい。
四神札は4体セットで千円です。

案上奉斎セット

この奉斎形式は、特別な崇敬とか格段の縁由があって奉斎するというよりも、一般の家庭に比べて敬神の念が極めて丁重な余りに、通常の神棚では満足することが出来ないような時に、このような奉斎の形式が誕生したのではないかとも考えられます。

住宅を建築する際に、最初からこのような立派な神棚の奉斎を目的として設置したのならばともかく、一般の家庭において案上奉斎のための祭壇を設けようとすると、押入れの一部を改造したりする場合もなくはないようですが、このようなことは絶対に避けて、出来るだけ専用の場所や床の間などに設けるべきでしょう。

三尺(約90㎝)から一間(約1.8m)程度のスペースを確保し、その三面と天上には壁代(かべしろ・壁の代わりに仕切りとして用いる懸けて垂らした綾や絹などの白い布切れ)を垂らしますが、これは一般には必ずしも容易ではないので、省略することも止むを得ないでしょう。

床の上に真菰(まこも)を敷き、その上に八足案を二段もしくは三段、適当な高さに雛壇式に据え、最奥の最も背の高い案の中央に幣を御奉斎し、その手前の一段低い案は神饌(供え物)を献ずる案(神饌案)とし、その前に紙垂を垂らした注連縄を引いて、その舗設が整います。

このような奉斎形式が行われるならば、高い位置の棚板の上に御奉斎された神棚以上に、そこに御奉斎された祭神に対しての日々の給仕や掃除など、心行くまでの奉仕を行うことが可能になります。

一般的な神棚に比べ、より御神徳の発揚がなされることでしょう。

Anjyouhousaisetto

セット内容・・・掛軸(天照皇大神宮)・御幣・真榊1対・三段案・三方(6台)・祓い串・祭器(平瓦など)

初穂料・・・50万円(出張祭典、神棚奉斎込み)但し、場所によって交通費を頂く場合がございます。

写真の内容は実物と異なる場合があります。御了承下さい。
準備の都合上、御奉斎ご希望日の1ヶ月以上前にご注文下さい。

恵比寿殿の祀り方

①棚板の設置
先ず御宮をのせる棚板を設置します。
タンス、書棚等の上に置いて祀るときも、直置きは良くないので、壁に取り付けるとき同様の棚を設けます。
向きは南向きか東向きが良いとされていますが、清らかで明るくお祀りのしやすい場所を選んで下さい。

②恵比寿殿とニ福神(恵比寿と大黒)の設置
先ず、恵比寿殿にニ福神を御奉斎致します。
向かって左が恵比寿神、右が大黒神です。
恵比寿殿に入れる御札は当会の事業繁栄守護符、又は開運守護符、又は両方でも結構です。
御札はニ福神の後ろに御奉斎下さい。

③神具の設置(御宮と同様です)
神具は、榊立て、瓶子、水玉、平瓦、ロウソク立て、御神鏡を最低限揃え、原則として榊は1日、15日、その他のお供えは毎日お取替えしますが、その他のお供えを毎日お取替えするのは大変ですので、榊同様に1日と15日にお取替えなされば良いと思います。
但し、お灯明は毎日灯して下さい。
注連縄は棚板に付属の雲板の前に取り付けます。
尚、陰陽會では一般的な大根〆ではなく、細荒縄を推奨致します。
紙垂の枚数は8垂です。

Kamidana_sample_2

1.榊立て 2.瓶子(御神酒) 3.ロウソク立て 4.平瓦(右に塩、左に米) 5.水玉 6.御神鏡

毎朝、お灯明を灯し、ニ拝四拍手一礼をして御奉斎して下さい。

恵比寿講

壁掛け宮

神棚をお祭りしたいけれども場所が無い方や、賃貸で釘などが打てない方など、手軽にフックなどで簡単に御祀り可能な神棚です。
神宮大麻などを御奉斎なさるのに最適です。
「御札を受けたが粗末にはしたくない、でも毎日のお供えは出来ない。」「棚を吊る事が出来ない。」
そんな会員の皆様の声を形にしました。

Kabekakeguu

寸法・・・巾㎝×高さ37㎝×奥行(縁部分)8㎝
内陣寸法・・・巾9.2㎝×高さ285㎝×奥行3㎝

壁掛け宮の清祓及び貴家のご繁栄をご祈祷の上、お頒かち申し上げます。

初穂料・・・1万5千円

地の神様(屋外社殿)セット

土地の神様をお祀りするためのお社のセットです。
太古の昔、イザナギノミコトとイザナミノミコトが天から降りてこられた時に、二人に先立つ天津神(あまつかみ)が「海を固めて國を造りなさい」と命じ、矛(ほこ)をお与えになりました。
イザナギ・イザナミは天の浮橋に立って、矛を降ろし、海水を「コオロ、コオロ」とかき混ぜて矛を抜くと、海水が滴り落ち、潮が固まり積もって、オノゴロ島が出来ました。
オノゴロ島は国土建設の基地のようなものとなり、その島に降り立ったイザナギ・イザナミは、高い木を見つけて天の神と心を通じ合わせるために、天の御柱(あめのみはしら)としました。
その傍らに八尋殿(やひろどの・神殿)を建立しました。
その後、イザナミ・イザナギの国生みによって創られた島が、大八島國(おおやしま)であり、それが日本なのです。

この伝承からもわかるように、我が国は神によって創られた国ですから、そこに住まうということは、神さまから土地をお借りしていると言うことになるのです。
だからこそ、家を建てる祭、地鎮祭を行って、土地の神様に先ずここの土地に家を建てるお許しを請い、工事の安全を祈願するのです。
また、家を建てた後は、末永くこの土地に住まい、家が繁栄出来ますようにと、土地の氏神様をお祀りすることで、家内に起きる様々な枉事(まがごと)を鎮める事が出来ます。

地の神様(屋外社殿)セット 初穂料・・・3万円
出張祭典(神棚奉斎)    初穂料・・・3万円

セット内容・・・外祭用神棚・御神鏡・水玉・榊立て
ご用意いただく物・・・ブロック4個、レンガ1個

Tinokamisama

地の神様【上等品セット】

外寸:(高)49×(巾)45×(奥)40センチ
内神のサイズ:巾18×高さ26×奥行12(センチ)
※最大部のサイズです
扉開口部:扉巾11×扉高さ16(センチ)
土台寸法:巾28センチ 奥行25センチ

材質:木曽ひのき製
屋根:胴板葺き

地の神様(上等品)セット 初穂料・・・8万円
出張祭典(神棚奉斎)    初穂料・・・3万円

Tinokamisama_joutouhin

 

☆準備の都合上、御奉斎希望日の1ヶ月以上前にご注文下さい。
☆写真と実物が多少異なる場合がありますのでご了承下さい。
☆サイズの異なるものもございますのでお問合せ下さい。
☆出張祭典の際、場所によっては交通費を頂く場合がございます。

より以前の記事一覧