最近のトラックバック

最近のコメント

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ

日本民族決起の時来る

2010年11月13日 (土)

日本民族 決起の時来る

陰陽會は『国家存亡の国難にあたり、萬難を排し、國體の明徴と国威の発揚に邁進せよ』との御祭神である安倍晴明公のご神託を得て、ご神意の基、発足致しました。

ここで言う国難とは、今将に起きている支那・朝鮮による対日工作によって
我が国が有史以来、未曾有の危機に瀕していると言う事であります。
多くの国民はその事にすら気が付く事無く日々の生活に追われています。

今、我が国は情報戦争に巻き込まれ国家存亡の危機にあります。
情報戦とは、血を流すことのない戦いです。
所謂マスメディアなどによって国民を洗脳することで、道義の荒廃や国家感の消失を促し、国民ひとりひとりを乖離させる事で、我が国固有の國體や伝統文化を破壊していきます。

また我が国は、浄明正直「じょうみょうせいちょく」. 『清く、明く、正しく、直く』を美徳としてきましたが戦後の日教組教育によって、現代社会に在っては残念ながら、廃れてしまいました。

私達日本人は、2600余年の歴史と伝統文化を祖先から受け継いできました。
この2600年以上に亘る歴史を私達の代で変えるわけにはいきません。
我が民族が有史以来護り続けてきた國體を護り、後世の子孫達の伝えていく事が、今この世に生を受けている者の本分であります。

そのためには、今ここで國體の明徴と国威の発揚が求められているのです。
特にこの数年は我が国は国民の知らない間に徐々に祖先から培われてきた伝統文化の切り崩しが加速しています。

一見すると私達にはわからない形で我が国はいま、侵略されつつあるのです。
多くの国民はその事に気が付く術すらありません。

今この時に立ち上がり声を挙げなければ我が国は未来永劫支那朝鮮の属国と化し、
奴隷となり続ける事になるでしょう。

我々国民一人一人が世界最古を誇る我がご皇室をお護りする藩屏となる事と、この国の国土を護る防人として尽忠報国の時が来たのであります。

今こそ我々日本民族は、一億総決起して、この国難に立ち向かわなければなりません。